勉強関数

heikou-idou1

y:実力  x:勉強量

これから1年というとてつもなく長い期間を勉強に費やすわけですから、効率というのは一番大事にしたい部分

つまり、比例定数1の直線を描けるかどうか

もちろん、実力というのはそもそも簡単に測れるものではないので図はイメージです

それと、勉強量は時間ではないです

僕みたいなど凡人は、自分にあった勉強を見つける事が一番の近道だと信じてます

そこで、いろいろ試しながら、模試毎に勉強法を振り返り、レビューを書いていきたいと思います

しかしその肝心な模試が、直近で6月…

ということなので、4/27にある河合塾のプレステージ?という模試を新たに受けようと思います

そしてそこまで実行する方法としましては、この期間は基礎を完成させる期間にしたいので、

1、解くのに時間をかけない

→基礎は質より量を貫く

具体的に、数学は一問5分悩む

理科は3分

2、気になる問題に印をつけ月末に復習

→全部ではなく、気になる所だけ

3、分からなかったら答えを書写する

→少しでも分からなかったら、忠実に  答えを写す

とりあえずこんな感じかなー

内容は、すでに組み立ててある週間予定に従います

なんとか5月までには基礎は終わらせたい

具体的に、理科は旧帝レベルを解き始めること

数学は、2周目の教材か、実践向けの教材を思考しながらスムーズにとき進められるようになること

です

Let’s fight!

東大受験生ブログランキング

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す