えいご

今まで長文読解をする是非について言ってきましたが、結局必要ではあるという結論に達しました

確かにセンター試験のような解が与えられている問題を解こうと思ったら、Netflixや英会話が1番最適な学習法だとは今も思ってますが、模試での記述英語の採点のついてこなさ加減を目の当たりにし、今の自分に足りないものが何か分かりました

それは他でもない、長文読解で得られるであろう文章読解術です

これが微塵も育成できてなかった、どころか落ちぶれていました

そりゃそうだ

なんでこのことに気づけなかったのかを考えた時に、思うのは

疲れるから

です。ただ多読をする、読み流す、確かに楽といえば楽だし楽しい

し、それによって補われる能力はある

ソレは事実ですが、それに甘えていた

結局楽をしたかっただけなんですね

これはただ僕が悪いのか、たくろうという状況が良くないのか、ハッキリしませんが、絶対改善しなければいけない

ということで、

これからは英語学習として、読書の時間を、早慶などの、ハイレベルな記号問題に取り組んでいこうと思います

記述だと答え合わせが結局なぁなぁになってしまう危険があるので、高度な読解能力が問われる問題に挑戦していきたいと思います

これで点数が伸びてくれればいいですが、夏までやって結果が出なかったら(全教科トータルで)、おそらく予備校に行きます

コメントを残す

コメントを残す