何かを習得するということ

言語学者で特に優れた功績を残した人たちは明治や昭和期に多い

翻訳を1からしていた人は今の僕らの学習観でははかれないくらいに、学問に命を捧げていたとも言えるくらいの、圧倒的な功績を残している

岡倉天心や新渡戸稲造や、斎藤秀三郎さんたちなんかはそうだろう

彼らがどうして他言語をあんなにうまく操れたのか

かけた時間はそうなんだろうけど、調べるところによると、暗唱がかなりのケースで貢献してる可能性が高い

教科書などを音読するだけでなく、それを覚えてしまうのだ

ユダヤ人なんかは旧約聖書を暗記している人も多いんだとか

これがどんな影響を及ぼしているのか、科学的にはわからないけど、

やって見る価値はありそうだ

よしやろう

ポレポレを全部暗記しよう

#決意

進捗もまた報告していきます

コメントを残す