11/26

この日は寝坊した日だったので(一個前のブログ書いた日)勉強ガスすみませんでした

バイトも5時間超あったしね

ちなみにバイトは塾でしてます

浪人生が高校生などに教えてます

奇妙ですねぇ

僕としては楽しいので雇ってくれてありがとうという感じですが、リターンできているのか不安

まあそんなことは置いといて、

一個前のブログに体内時計こわいっていうようなことを書きましたが、体内時計ってほんとに機能的ということをもうちょっと詳しく

現在体内時計のようなものを構成する遺伝子はいくつか見つかっていますが、まあ信憑性はさほどないだろうと思われます

特定の遺伝子が役割を担っているとは考えにくいし、まずそんなの今の技術で特定できるわけないからです

しかし、確実に体内時計というものは機能している

私達は存分にその恩恵を受けているように思いますよね

だいたい何時頃にお腹が空いてくるとか、眠くなるとか、朝起きるとか、長らく習慣としたこれらの行動時間は、時計を見ずに生活しても最初の方は習慣通りの時間運びで生活できるんだろうなと思います

朝起きることに関して言えば、習慣付けられている人は、自分が起きる時間の少し前から活動準備を始めることを示唆するホルモンが分泌されるそうです

だから朝起きる時間を変えるのはすこし手間がかかる作業になってしまいます

睡眠や食事に関してもおそらく同じようなことが起きているんだと思います

(睡眠を促すホルモンだしたり、消化酵素活発に出したりとか)

だから毎日体調を崩すことなく元気に活動できているわけです

そんな大切な体内時計について、遺伝子の他にも、月がかかわっているのではないかと、個人的に思ってます

最近読んだ本の中に、満月の日は眠りが浅くなるということが書いてありました

月と私達に働く力といえば重力しかないと思いますが、それによって体にかかる圧力か引力か何かを月の周期性に擬えて、体内時計の基準の一つにしているのかなと思ったからです

真相は全く不明ですけどね笑

当たってたら面白いですね

ちなみに前出の本の名前は、

めんどいので写真で!笑

これ結構面白いので読んでみてください

ではさようなら(@^^)/~~~

コメントを残す